Googleカレンダーの標準搭載のエクスポート機能は便利な機能ではあるものの、「.ics」形式でのエクスポートとなっており、CSV形式やExcel形式はもちろん、Googleスプレッドシート形式でも出力することができません。

また、標準エクスポート機能を利用する場合、Googleカレンダーの設定画面のエクスポートから手動でエクスポートボタンをクリックする必要があり、定期的に出力したい方にとっては手間が発生するため、不便さを感じることも多いでしょう。

このGoogleカレンダーの標準エクスポート機能の不便さを解消するために、GoogleカレンダーをCSVなどでダウンロードするツールもありますが、既にサービスが終了してしまっているツールや、海外製のツールで日本語対応していないなどが多く、ベストなツールが見つけにくい状態です。


そこでGASラボでは、Googleカレンダーを自動的にお好みの出力形式でのエクスポートを自動化できるツールを開発しました。


Googleカレンダー自動エクスポートツール

Googleカレンダー自動エクスポートツール


本ツールは予め指定した期間のGoogleカレンダーのイベントデータをお好みのタイミングで自動エクスポートできるツールです。

本ツールのエクスポートイメージ本ツールのエクスポートイメージ

Googleカレンダーにて複数のカレンダーを利用している場合でも、出力するカレンダーを選択して出力することができます。

出力形式はCSVファイル、Excelファイル、Googleスプレッドシートの3つのパターンからお好みの形式を選択することが可能です。

出力したファイルの格納先はGoogleドライブ上のお好みのフォルダに指定することもできます。

Googleカレンダーをエクスポートするタイミングもお好きなタイミングで設定可能です。

本ツールはGASが実装されたGoogleスプレッドシート形式のツールです。そのため、お持ちのPCのOS(Mac、Windowsなど)問わずご利用が可能です。

本ツールは原則クリックと入力のみで操作できるシンプルな仕様ですので、どなたでもご利用いただけます。


※詳しい仕様は、ツールマニュアルをご覧ください。

Googleカレンダー自動エクスポートツールご利用マニュアル

本ツールはこんな方にオススメ!

  • Googleカレンダーのエクスポートを自動化したい方

  • Googleカレンダーの多様なエクスポート形式を求めている方

本ツールの特徴

①Googleカレンダーのデータを自動でエクスポート

・Googleカレンダーのエクスポートの自動化を実現できるツールです

・予め指定した期間のイベントデータを自動でエクスポートすることができます。(1日単位で指定が可能です)

Googleカレンダーのデータを自動でエクスポート

②ファイルの出力形式は3タイプに対応

・標準エクスポート機能では出力できない「CSVファイル」「Excelファイル」「Googleスプレッドシート」の3種類の出力形式に対応しています。

標準エクスポート機能では出力できない

③出力したファイルの格納先フォルダは指定可能

・本ツールにて出力されたファイルはGoogleドライブに保存されます。

・出力ファイルの格納先をお好みのフォルダに指定することも可能です。

④エクスポートするタイミングもお好みのタイミングに設定可能

・本ツールはGAS(Google Apps Script)という技術で開発されています。

・GASの「トリガー」という定期実行設定を利用すれば、お好みの間隔で自動エクスポート処理を実行させることができます。

・トリガー設定はコードを触らずに簡単に設定することが可能です。

エクスポートするタイミングもお好みのタイミングに設定可能

③入力とクリックのみのシンプルな操作!初心者でも簡単に利用可能

・入力とクリックのみで操作できるツールです。

・ExcelやGoogleスプレッドシートなどの表計算ソフトを使ったことがある人なら、簡単に使えるツールです。

入力とクリックのみのシンプルな操作!初心者でも簡単に利用可能

本ツールの使い方イメージ

①カレンダー一覧の更新と出力するカレンダーの指定

まず、ご自身のGoogleカレンダーの基本情報を本ツールに同期します。

本ツール独自の「メニュー」が用意されています。 「メニュー」より「カレンダー一覧を更新」をクリックして実行します。

その後、本ツールの「カレンダー一覧」シートにご自身のGoogleカレンダー一覧が自動出力されますので、本ツールで出力したいカレンダーについてはC列の「出力」を「する」に指定してください。

カレンダー一覧の更新と出力するカレンダーの指定

②「設定」シートにて出力設定を記入

次にGoogleカレンダーの出力設定をセッティングします。

本ツールの「設定」シートにて、「開始日」「終了日」「出力シート格納フォルダ」「出力シート格納ファイル形式」などを設定します。

「設定」シートにて出力設定を記入

③定期実行のトリガーを設定

最後に、定期実行のためのトリガーを設定します。

GAS(Google Apps Script)の「トリガー」という定期実行設定を利用すれば、お好みの間隔でGoogleカレンダーのエクスポートを自動化することが可能です。

トリガーの詳しい設定方法は本ツールのマニュアルをご覧ください。

定期実行のトリガーを設定

本ツールの価格

本ツールの注意事項

  • 本ツールの利用には、Googleアカウントが必要になります。

  • 本ツールは権限を持っているGoogleカレンダーのみ取得することができます。
    本ツールの利用で発生した問題の責任は負いかねます。事前に使い方をテスト、理解した上で、ご利用ください。

  • 本ツールは処理時間に上限があります(約6分)。そのため、取得するデータ量が多い場合や、取得データ期間が長い場合には、処理を完了できない可能性もあります。取得データ期間を短くするなどして調整してください。

  • ツールおよびプログラムの著作はGASラボにあります。無断での転載・再販・配布・共有やソースコードのコピーは固く禁止しております。

よくあるご質問

  • ツールの使い方のサポートを受けることができますか?

    GASラボでは、有料ツールご購入者様限定で「無料使い方サポートサービス」を提供しておりますので、ご安心ください。

    購入後にご覧いただけるページ内に、お問い合わせフォームのご案内がございますので、そちらよりお問い合わせください。

Googleカレンダー自動エクスポートツールのご購入はこちらから

GASラボのおすすめ自動化ツール

GASラボでは様々な自動化ツールを企画開発しています。

GASラボのメールマガジン

GASラボの無料ツール情報や新着ツール情報を受け取りたい方は、メールマガジンにご登録ください

ありがとうございます