毎日のスケジュール管理やタスク管理に欠かせない「Googleカレンダー」と、タスク管理や情報整理に活用される「Notion」。

これらを日々利用しているビジネスパーソンや学生にとって、Googleカレンダーの予定をNotionに手動で転記する作業は面倒なものでしょう。

手動で転記する場合、予定が変更になった際や新規のイベントが登録された際には、その都度Notionを更新するという手間が発生します。

一方、GoogleカレンダーとNotionを自動で同期させる方法として、IFTTTやZapierなどの外部の自動化サービスを利用する方法もあります。しかし、これらのサービスは額料金が発生するものであったり、一部の機能に制限があったりという課題もあります。


こうした課題を解決するために、今回GASラボでは「Notion × Googleカレンダー連携自動保存ツール」を開発しました。

Notion×Googleカレンダー連携自動保存ツール


本ツールを利用することで、Googleカレンダーの予定を自動でNotionデータベースに保存・更新できるようになります。

具体的には、ご自身のGoogleアカウントに権限のあるGoogleカレンダーの当日の0:00時から1年後までの予定(イベント)を自動でNotionに保存します。

さらに、Googleカレンダーのイベント内容に変更があった場合、Notionのデータも自動的に更新されます。

本ツールはGoogleスプレッドシートに自動化スクリプトである「Google Apps Script(GAS)」が実装されたツールです。そのため、GoogleスプレッドシートやNotionがご利用できる環境であれば、ツールの初期設定ができます。

また、設定・操作もシンプルな仕様になっています。基本的には入力とクリック操作でご利用いただけるので、簡単なPC操作ができる方であれば、どなたでもご利用いただけます。


※詳しい仕様は、ツールマニュアルをご覧ください。

Notion × Googleカレンダー連携自動保存ツールご利用マニュアル

本ツールはこんな方にオススメ!

  • GoogleカレンダーのイベントをNotionに手作業で登録されている方

  • Googleカレンダーのイベントを組織のNotionで効率的に共有していきたい方

  • スケジュールや計画をNotionで効率的に管理していきたい方

本ツールの特徴

①GoogleカレンダーのイベントをNotionに連携して自動保存・更新

・ご自身のGoogleアカウントに権限のあるGoogleカレンダーのイベント(予定)をNotionのデータベースに自動で連携して保存することが可能。

・ご自身のGoogleアカウントに権限のあるカレンダーであれば、ご自身のアカウントだけではなく、共有カレンダーの情報も連携して自動保存。

・Googleカレンダーのイベント内容に変更があった場合、Notionのデータも自動的に更新されます。

GoogleカレンダーのイベントをNotionに連携して自動保存・更新

②初期設定だけしてしまえば、あとは完全自動化可能

・初期設定だけ完了してしまえば、あとは完全に自動で動作するようになります。

・本ツールはクラウド上で動作するため、初期設定だけ完了してしまえば、端末の電源をOFFにしても問題ありません。

初期設定だけしてしまえば、あとは完全自動化可能

③画像付き設定マニュアルがあるので、初心者でも安心!

・本ツールは情報取得にNotionAPIを利用しております。

・初心者の方でも簡単にAPIの設定や本ツールの利用のための設定ができるよう、画像付きの丁寧なマニュアルを用意しておりますので、ご安心ください。

画像付き設定マニュアルがあるので、初心者でも安心!

本ツールの使い方イメージ

①テンプレートのデータベースを複製

・本ツールの設定シートに記載されているテンプレートURLにアクセスし、本ツール専用のNotionデータベースを生成します。

具体的には、プロンプト(画像生成指示)、サイズ指定、生成ファイル名指定、格納先フォルダの設定をします。

テンプレートのデータベースを複製

②Notion APIの情報を「設定」シートに貼り付け

Notion APIのトークンを取得し、本ツールの「設定シート」の「Notion統合トークン」の欄に貼り付けます。

Notion APIの情報を「設定」シートに貼り付け

③Notionに連携保存するGoogleカレンダーを設定

Notionのデータベースに連携して保存するGoogleカレンダーを指定します。

また、定期的な予定(繰り返しの予定)を展開するかも設定します。

Notionに連携保存するGoogleカレンダーを設定

④「同期の定期実行を開始」メニューを実行

最後にカレンダーの取得およびNotionへの連携保存を自動化する設定をします。

本ツール独自の「メニュー」より「同期の定期実行を開始」を実行します。

以降は1時間ごとにGoogleカレンダーのイベントの自動取得およびNotionへの自動保存・更新処理が走るようになります。

「同期の定期実行を開始」メニューを実行

本ツールの価格

本ツールの注意事項

  • 本ツールの利用には、Googleアカウント、Notionアカウントが必要になります。

  • 本ツールはNotion APIを使用して操作しております。場合によっては、一時的に情報の操作に失敗するケースもございます。予めご了承ください。

  • Notion APIを設定・利用するためには、ご自身がワークスペースのオーナー権限をお持ちであることが必要となります。

  • 本ツールの利用で発生した問題の責任は負いかねます。事前に使い方をテスト、理解した上で、ご利用ください。

  • ツールおよびプログラムの著作はGASラボにあります。無断での転載・再販・配布・共有やソースコードのコピーは固く禁止しております。

  • 本ツールは処理時間に上限があります(約6分)。あらかじめご了承ください。

  • 本ツールは初回利用時に「認証・許可プロセス」が発生します。認証・許可を下記の記事を参考に進めて下さい。

  • 本ツールはNotion APIの仕様変更に伴い、ツール自体の仕様が変更になる可能性やアップデートされる可能性がございます。予めご了承ください。

よくあるご質問

  • ツールの使い方のサポートを受けることができますか?

    GASラボでは、有料ツールご購入者様限定で「無料使い方サポートサービス」を提供しておりますので、ご安心ください。

    購入後にご覧いただけるページ内に、お問い合わせフォームのご案内がございますので、そちらよりお問い合わせください。

Notion × Googleカレンダー連携自動保存ツールのご購入はこちらから

Notion関連おすすめツール

GASラボではNotion関連の自動化ツールを多数ご用意しております。

GASラボのメールマガジン

GASラボの無料ツール情報や新着ツール情報を受け取りたい方は、メールマガジンにご登録ください

ありがとうございます