Twitter(X)をご利用されている方で、スパムや関係性の問題で「ブロック」機能を利用する方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

特定のユーザーへの「ブロック」は簡単にできる一方、既に関係性のあるユーザーへのブロックは注意深く利用しないとトラブルに発展するリスクがあります。

センシティブな機能であるからこそ、ブロックしているユーザーを丁寧に管理・把握する必要があります。

例えば、誰をブロックしたのか、誰をブロック解除したのかの履歴を丁寧に記録しておく・確認できるようにすることも重要です。

Twitter(X)の標準機能には、ブロック中のユーザーの一覧については確認できますが、誰をいつブロックしたのか、または、誰をいつブロック解除したのかの履歴を確認できません。


そこで今回GASラボでは、Twitter(X)のブロックの履歴を自動でGoogleスプレッドシートに記録するツールを開発しました。

Twitter(X)ブロック履歴自動記録ツール

Twitter(X)ブロック履歴自動記録ツール


本ツールは、ご自身のTwitter(X)アカウントが「ブロックしたユーザー」と「ブロック解除したユーザー」を自動で記録できるGAS自動化ツールです。

本ツールで取得するデータは、ブロックした・ブロック解除したユーザーのユーザー名だけではなく、フォロー数・フォロワー数・投稿数などの定量的なデータも取得・記録していきます。また、取得したデータの自動出力先は、「Googleスプレッドシート」です。そのため、取得・出力したデータを定量分析にも活用することができます。

また、ご自身のアカウントがブロックしているユーザーの一覧を最新リストを確認できる機能も搭載しています。

一度初期設定を完了すれば、ツールを随時開いておく必要はなく、自動でブロック情報の記録がされていきます。

本ツールはGoogle Apps Script(GAS)を実装した「Googleスプレッドシート形式」のツールです。そのため、お持ちのPCのOS問わず、Googleスプレッドシートがご利用できる環境であれば、ツールの初期設定・ご利用が可能です。


※本ツールはTwitter(X)の有料APIを利用します。予めご了承ください。

※詳しい仕様は、ツールマニュアルをご覧ください。

Twitterブロック履歴自動記録ツールご利用マニュアル

本ツールはこんな方にオススメ!

  • Twitter(X)でブロック履歴を丁寧に管理したい方

  • ご自身が「いいね」したツイートを検索、分析、集計したい方

本ツールの特徴

①ブロック履歴・ブロック解除履歴をスプレッドシートに自動記録

・ご自身のTwitter(X)アカウントがブロックした履歴やブロック解除した履歴をスプレッドシートに自動記録していきます。

・取得・記録するデータはユーザー名だけではなく、フォロー数、フォロワー数、アカウントのURL、合計ツイート数など、定量分析にも利用できる多様な情報をカバーしています。

ブロック履歴・ブロック解除履歴をスプレッドシートに自動記録

②最新のブロック中ユーザー一覧も記録・更新

・最新のご自身のアカウントがブロックしているユーザー一覧を自動で記録・更新します。

最新のブロック中ユーザー一覧も記録・更新

③画像付き設定マニュアルがあるので、初心者でも安心!

・本ツールはブロック情報の取得にTwitterAPI(Basicプラン以上の有料プラン)を利用しております。

・初心者の方でも簡単にAPIの設定や本ツールの利用のための設定ができるよう、画像付きの丁寧なマニュアルを用意しておりますので、ご安心ください。

・本ツールをご利用いただくにあたって、プログラミングコードを編集やコピペは不要です。どなたでもご利用いただけます。

画像付き設定マニュアルがあるので、初心者でも安心!

本ツールの価格

本ツールの使い方イメージ

①TwitterAPIの設定

本ツールはTwitter API(有料プラン)を利用してご自身のXアカウントのブロック情報を自動取得します。

まずは Twitter APIの設定を完了させましょう。

※Twitter APIの設定方法については本ツールのご利用マニュアルをご覧ください。

TwitterAPIの設定

②「チェック実行」メニューをクリック

次にここまでの手順が正しく設定できているかをチェックするため、動作テストを行います。

ツールバーに用意された独自の「メニュー」より「チェック実行」を実行します。

本ツールの「ブロック一覧」シートへのブロックしているユーザーデータの出力が確認できたらテスト成功です。

「チェック実行」メニューをクリック

③「定期記録を開始」メニューを実行

最後に、ブロック履歴の記録、ブロック解除履歴の記録を自動化するための設定をします。

「メニュー」より「定期記録を開始」をクリックして実行します。

本自動化メニューを実行した後は1時間に1回新たにブロックしたユーザーのチェックおよび、ブロック解除したユーザーのチェックの処理が走るようになります。

ブロックした履歴とブロック解除履歴が本ツールのシートに記録されるようになります。

「定期記録を開始」メニューを実行

本ツールで取得・出力できるデータ一覧

Twitterブロック履歴自動記録ツールの出力イメージ

  • userId
  • アカウント表示名
  • ユーザー名
  • TwitterアカウントURL
  • アカウント説明文
  • 鍵付きアカウントか否か
  • フォロー数
  • フォロワー数
  • 合計ツイート数
  • ブロック検知日時(または、ブロック解除検知日時)
  • ツイート日時
  • ツイートID
  • ツイートテキスト
  • ツイートURL
  • いいね数
  • リツイート数
  • リプライ数
  • 引用数
  • データ取得日時

本ツールの注意事項

  • 本ツールの利用には、Googleアカウント、Twitterアカウント、Twitter APIの利用権限が必要になります。
  • 本ツールはTwitterAPIを使用して情報を取得しております。場合によっては、一時的に情報が取得できない場合や、情報の取得・操作が失敗するケースもございます。予めご了承ください。
  • 本ツールはTwitter APIの有料プラン(Basicプラン)ご利用者向けのツールです。Freeプランのご利用者様はご利用いただけませんので、予めご了承ください。
  • 本ツールの利用で発生した問題の責任は負いかねます。事前に使い方をテスト、理解した上で、ご利用ください。
  • ツールおよびプログラムの著作はGASラボにあります。無断での転載・再販・配布・共有やソースコードのコピーは固く禁止しております。
  • 本ツールは処理時間に上限があります(約6分)。あらかじめご了承ください。
  • 本ツールはTwitterAPIの仕様変更に伴い、ツール自体の仕様が変更になる可能性やアップデートされる可能性、データの取得やAPIを使った操作ができなくなる可能性がございます。予めご了承ください。
  • 本ツールは初回利用時に「認証・許可プロセス」が発生します。認証・許可を下記の記事を参考に進めて下さい。

よくあるご質問

  • ツールの使い方のサポートを受けることができますか?

    GASラボでは、有料ツールご購入者様限定で「無料使い方サポートサービス」を提供しておりますので、ご安心ください。

    購入後にご覧いただけるページ内に、お問い合わせフォームのご案内がございますので、そちらよりお問い合わせください。

  • 本ツールはTwitter APIのFreeプランでも利用できますか?

    残念ながら本ツールはTwitter APIのFree(無料)プランではご利用いただけません。予めご了承ください。

Twitter(X)ブロック履歴自動記録ツールご購入はこちらから

GASラボのおすすめ自動化ツール

GASラボでは様々な自動化ツールを企画開発しています。

GASラボのメールマガジン

GASラボの無料ツール情報や新着ツール情報を受け取りたい方は、メールマガジンにご登録ください

ありがとうございます