Gmailやチャットワークなど、社内やチームで利用するコミュニケーションツールが複数ある場合、コミュニケーションツールの権限管理や転送、情報共有が複雑・手間になるものです。

チームの関係者全員がアクセスでき、情報を共有できる場を一つにまとめられる方が理想的です。

中でも近年利用者の増えている「チャットワーク」へ、Gmailを自動転送したいというご要望をいただくケースが増えてきております。

具体的には、お問い合わせフォームから送信されたお客様からのお問い合わせを、社内の全員がよく確認する「チャットワーク」に転送することで、チーム全体がメールを認識し、タスク管理をしたいというお声をいただくことがありました。


そこで、今回GASラボでは、Gmailで受信したメールをチャットワークの特定のルームに自動転送できるツールを開発しました。

Gmailチャットワーク自動転送ツール

Gmailチャットワーク自動転送ツール


本ツールはGmailで受信したメールを、予め指定したチャットワークの特定のルームに自動で転送ができるツールです。

チャットワークが有料アカウントではない方でも本ツールをご利用いただくことができます。

転送するGmailのメールは「宛先メールアドレス」「差出人メールアドレス」「件名」「本文」の4つで条件を絞ることが可能です。

転送先のチャットワークのルームは「ルームID」で指定することができ、通知先のユーザーも指定することが可能です。

Gmailのメールの転送履歴は全てGoogleスプレッドシートにメール本文と共に記録されていきます。そのため、特定条件にマッチするメールのログを管理・共有するツールとしても活躍します。

本ツールはGASが実装されたGoogleスプレッドシート形式のツールです。そのため、お持ちのPCのOS(Mac、Windowsなど)も問わず初期設定が可能です。

本ツールの利用方法もクリックと入力のみのシンプルな仕様です。専門知識は必要ありません。


※詳しい仕様は、ツールマニュアルをご覧ください。

Gmailチャットワーク自動転送ツールマニュアル

本ツールはこんな方にオススメ!

  • Gmailをチャットワークでも確認したい方

  • Gmailをチャットワークに転送して、チーム内でメールの情報共有をしたい方

  • 特定のメールをスプレッドシートに記録しておきたい方

本ツールの特徴

①特定条件に合致するメールをチャットワークに自動転送

・事前に指定した条件に合致するGmailのメールを、特定のチャットワークのチャットルームに自動で転送します。

・チャットワークはルームIDを指定することで、メールの転送先を指定することが可能です。

・初期設定後はPCを常時開いておく必要はありません。

特定条件に合致するメールをチャットワークに自動転送

②Gmailの転送履歴は全てスプレッドシートに記録

・本ツールで転送したメールの取得・転送履歴は全てGoogleスプレッドシートに記録します。

・そのため、特定条件にマッチするメールのログを管理・共有するツールとしてもご利用いただくことが可能です。

Gmailの転送履歴は全てスプレッドシートに記録

③画像付き設定マニュアルがあるので、初心者でも安心!

・本ツールは情報の取得・操作にチャットワークAPIを利用しております。

・初心者の方でも簡単にAPIの設定や本ツールの利用のための設定ができるよう、画像付きの丁寧なマニュアルを用意しておりますので、ご安心ください。

画像付き設定マニュアルがあるので、初心者でも安心!

本ツールの使い方イメージ

①チャットワークのAPI設定

まず、チャットワークにGmailを転送するために、チャットワークのAPIの設定をします。

具体的には、「ChatWork API トークンの取得」「転送先チャットルームのルームIDの取得」「メッセージ通知先(TO)アカウントIDの設定」を行います。

※詳細な設定方法はマニュアルに詳しく記載しております。

チャットワークのAPI設定

②設定シートにて、転送メール検索設定を設定

次に、転送するGmailの条件を設定します。

転送するGmailの条件は「宛先メールアドレス(TO)」「差出人メールアドレス(FROM)」「件名」「本文」の4つで指定することが可能です。

設定シートにて、転送メール検索設定を設定

③「定期実行を開始」メニューを実行

最後にGmailをChatworkへの転送を自動化する設定を行います。

本ツール独自でご用意している「メニュー」より「定期実行を開始」を実行します。

本自動化メニューを実行すると、5分ごとに検知した指定条件に合致するメールをチャットワークに転送する処理が自動実行されるようになります。

もちろん、メールの転送だけではなく、本ツールの転送履歴シートにも転送履歴データが記録されていきます。

本自動化メニューを実行した後は、ツールの画面やPCを常に開いておく必要はございません。

「定期実行を開始」メニューを実行

転送履歴シートに記録される項目一覧

転送履歴シートに記録される項目一覧

  • GmailスレッドID

  • GmailメッセージID

  • 転送実施日時

  • メール受信日時

  • 受信メールアドレス

  • 送信元メールアドレス

  • 件名

  • 本文(プレーンテキスト)

  • 転送先ルームID

  • 通知先アカウントID

  • 転送結果

  • 転送条件:宛先メールアドレス

  • 転送条件:差出人メールアドレス

  • 転送条件:件名

  • 転送条件:本文

本ツールの価格

本ツールの注意事項

  • 本ツールの利用には、Googleアカウント、ChatWorkアカウント、ChatWorkのAPI利用権限が必要になります。

  • 本ツールはChatWork APIを使用して情報を取得しております。場合によっては、一時的に情報が取得できない場合や、情報の取得が失敗するケースもございます。予めご了承ください。また、時間内の情報取得・操作制限もあります。これらのリスクについては、予めご了承ください。

  • 本ツールの利用で発生した問題の責任は負いかねます。事前に使い方をテスト、理解した上で、ご利用ください。

  • 本ツールは処理時間に上限があります(約6分)。処理時間を超える場合には、データの取得・出力、メッセージの転送や操作が完了できないケースもございますので、予めご了承ください。

  • ツールおよびプログラムの著作はGASラボにあります。無断での転載・再販・配布・共有やソースコードのコピーは固く禁止しております。

  • 本ツールは初回利用時に「認証・許可プロセス」が発生します。認証・許可を下記の記事を参考に進めて下さい。

  • 本ツールはチャットワークAPIの仕様変更に伴い、ツール自体の仕様が変更になる可能性やアップデートされる可能性、情報が取得・操作できなくなる可能性がございます。予めご了承ください。

よくあるご質問

  • ツールの使い方のサポートを受けることができますか?

    GASラボでは、有料ツールご購入者様限定で「無料使い方サポートサービス」を提供しておりますので、ご安心ください。

    購入後にご覧いただけるページ内に、お問い合わせフォームのご案内がございますので、そちらよりお問い合わせください。

Gmailチャットワーク自動転送ツールのご購入はこちらから

GASラボのメールマガジン

GASラボの無料ツール情報や新着ツール情報を受け取りたい方は、メールマガジンにご登録ください

ありがとうございます