情報の管理や共有に便利な「Notion」。チームや組織内で「Notion」を利用しているケースが増えてきているのではないでしょうか。

Notionのデータベースを他人と共有している場合、データベースが更新された際に通知を受け取れると便利です。

Notionの標準機能でも、Notionのデータベースが更新された際にSlackで通知を受け取る設定ができます。

しかし、Notionのデータベース更新をChatworkに通知することは、標準機能で実現できません。

Notionのデータベースの更新通知をChatworkで受け取る仕組みを作るためには、一般的にプログラミングスキルを用いて簡易なシステムを構築する必要があります。

ノンプログラマーの方にとっては少しハードルの高いものです。


そこで、今回GASラボでは、Notionのデータベースの更新を自動でチャットワークに通知することができる自動化ツールを開発しました。

Notion×Chatwork連携データベース更新通知ツール

Notion×Chatwork連携データベース更新通知ツール


本ツールは、指定したNotionのデータベースの更新を自動で検知し、チャットワークに更新された情報を通知することができるGAS自動化ツールです。

通知先のチャットワークのチャットルームや通知ユーザー(TO)を予め指定することが可能です。

さらに、Notionのデータベースの更新+Chatworkへの通知履歴がスプレッドシートに記録されていく機能も搭載しています。そのため、データベースの更新頻度や履歴を簡単にチェックできます。

本ツールはGoogleスプレッドシートに自動化スクリプトの「Google Apps Script(GAS)」が実装されたツールです。

そのため、Googleスプレッドシートがご利用できる環境であれば、ツールの初期設定を進めることができます。

また、本ツールは「買い切り型」のツールです。そのため、IFTTTやZapierのように月額料金は発生しません。

ご利用にあたって、プログラミングコードの編集やコピペは一切不要で、どなたでもご利用いただけます。


※詳しい仕様は、ツールマニュアルをご覧ください。

Notion×Chatwork連携データベース更新通知ツールご利用マニュアル

本ツールはこんな方にオススメ!

  • チーム内でNotionのデータベースの更新を共有したい方

  • データベースの更新情報をチャットワークに通知したい方

  • Slackのエクスポート機能に不便さを感じている方

本ツールの特徴

①指定したNotionデータベースが更新されたらChatworkに自動通知

・事前に指定したNotionのデータベースが更新されたら、チャットワークに自動通知することができる自動化ツールです。

・チャットワークに転送(通知)した履歴はGoogleスプレッドシートにも記録されていきます。

・初期設定を完了すれば、自動で処理されるようになるため、ツールを常時開いておくことや、PCを開いておく必要はありません。

指定したNotionデータベースが更新されたらChatworkに自動通知

②通知先のChatworkはチャットルームの指定やTOの指定も可能

・指定したNotionデータベースの更新を通知するチャットワークの「チャットルーム」を指定することができます。

・また、通知する際に、「TO」で通知ユーザーを指定することも可能です。

通知先のChatworkはチャットルームの指定やTOの指定も可能

③画像付き設定マニュアルがあるので、初心者でも安心!

・本ツールは情報の取得・操作にNotionAPIやチャットワークAPIを利用しております。

・初心者の方でも簡単にAPIの設定や本ツールの利用のための設定ができるよう、画像付きの丁寧なマニュアルを用意しておりますので、ご安心ください。

・プログラミングスキルは一切不要です。どなたでもご利用いただけるシンプルなツールです。

画像付き設定マニュアルがあるので、初心者でも安心!

本ツールの使い方イメージ

①Notion APIの設定

まずはNotion APIの設定を行います。

Notion APIのトークンを取得し、本ツールの「設定シート」の「Notionインテグレーショントークン」の欄に貼り付けます。

NotionのAPIトークンの取得方法や設定方法は本ツールのマニュアルにて画像付きで手順を解説しておりますので、ご安心ください。

Notion APIの設定

②チャットワークAPIの設定

次に、チャットワークAPIの各種設定をします。

本ツールの「設定」シートにて、取得した「Chatwork APIトークン」の貼り付けや、転送先チャットルームのルームIDの取得・指定、メッセージ通知先(TO)アカウントIDの指定をします。

チャットワークAPIの設定方法についても本ツールのマニュアルに画像付きで手順を詳しく記載しておりますので、ご安心ください。

チャットワークAPIの設定

③「定期実行を開始」メニューを実行

最後に、「設定」シートで指定されたNotionのデータベースの更新情報を取得し、指定したチャットワークへの通知する処理の自動化を設定します。

本ツール独自でご用意している「メニュー」より「定期実行を開始」を実行します。

メニュー実行後、5分ごとに検知した直近10分以内のNotionデータベースの更新情報をチャットワークに通知する処理が自動実行されるようになります。

「定期実行を開始」メニューを実行

通知履歴シートに記録される情報の項目

本ツールでは、指定したNotionデータベースの更新をチャットワークに通知しますが、同時に本ツールの「通知履歴シート」に記録されていきます。

通知履歴シートに記録イメージ

通知履歴シートに記録される情報の項目は下記となります。

  • 更新通知日時
  • 更新されたページID
  • 更新されたページURL
  • 更新されたページタイトル
  • 作成日時
  • 作成者
  • 最終更新日時
  • 最終更新者

本ツールの価格

本ツールの注意事項

  • 本ツールの利用には、Googleアカウント、ChatWorkアカウント、ChatWorkのAPI利用権限、Notionアカウント、NotionのAPI利用権限が必要になります。

  • 本ツールはChatWork APIを使用して情報を取得・操作しております。場合によっては、一時的に情報が取得できないケースや、情報の取得が失敗するケースもございます。予めご了承ください。また、時間内の情報取得・操作制限もあります。これらのリスクについては、予めご了承ください。

  • 本ツールはNotion APIを使用して操作しております。場合によっては、一時的に情報の操作に失敗するケースもございます。予めご了承ください。

  • Notion APIを設定・利用するためには、ご自身がワークスペースのオーナー権限をお持ちであることが必要となります。

  • データを取得したいNotionデータベースに、Notionにデフォルトで用意されてる「更新日時(Last edited time )」のプロパティを追加していない場合、エラーとなります。必ず「更新日時(Last edited time )」のプロパティを追加いただく必要があります。

  • 本ツールを利用することで発生した問題の責任は負いかねます。事前に使い方をテスト、理解した上で、ご利用ください。

  • ツールおよびプログラムの著作はGASラボにあります。無断での転載・再販・配布・共有やソースコードのコピーは固く禁止しております。

  • 本ツールは処理時間に上限があります(約6分)。処理時間を超える場合には、データの取得・出力、メッセージの送信や操作が完了できないケースもございますので、予めご了承ください。

  • 本ツールは初回利用時に「認証・許可プロセス」が発生します。認証・許可を下記の記事を参考に進めて下さい。

  • ※参考:【GAS】初回プログラム実行時の認証・許可のプロセスの進め方

  • 本ツールはチャットワークAPIの仕様変更に伴い、ツール自体の仕様が変更になる可能性やアップデートされる可能性、情報が取得・操作できなくなる可能性がございます。予めご了承ください。

  • 本ツールはNotion APIの仕様変更に伴い、ツール自体の仕様が変更になる可能性やアップデートされる可能性、情報が取得・操作できなくなる可能性がございます。予めご了承ください。

よくあるご質問

  • ツールの使い方のサポートを受けることができますか?

    GASラボでは、有料ツールご購入者様限定で「無料使い方サポートサービス」を提供しておりますので、ご安心ください。

    購入後にご覧いただけるページ内に、お問い合わせフォームのご案内がございますので、そちらよりお問い合わせください。

Notion×Chatwork連携データベース更新通知ツールのご購入はこちらから

Notion関連おすすめツール

GASラボではNotion関連の自動化ツールを多数ご用意しております。

GASラボのメールマガジン

GASラボの無料ツール情報や新着ツール情報を受け取りたい方は、メールマガジンにご登録ください

ありがとうございます