Notionのデータベースの情報をGoogleスプレッドシートに書き出す方法をお探しの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Notionはフレキシブルな情報整理が可能で、データベース管理に優れたツールです。

一方でGoogleスプレッドシートはデータの加工・分析や、他のGoogle製品との連携に強みを持っています。

しかし、残念ながら、これら二つの強力なツール間で直接データをやり取りする機能は、提供されていません。

一般的な解決策としては、手動でデータをコピー&ペーストするか、CSVエクスポートとインポートを行うことがあります。

しかし、これらの手段は時間がかかるだけでなく、ミスが発生する可能性もあります。また、データの更新の度に同じ手続きを繰り返す必要があります。


これらの問題に対応するために、今回GASラボでは「Notionデータベース×スプレッドシート連携ツール」を開発しました。


Notionデータベース×スプレッドシート連携ツール

Notionデータベース×スプレッドシート連携ツール


本ツールは、特定のNotionのデータベースの情報を、任意のGoogleスプレッドシートに連携して出力(書き出し)できるツールです。

このツールを使えば、NotionとGoogleスプレッドシート間のデータ移行の手間を大幅に軽減し、データの損失を防ぐことが可能になります。

また、Notionでのデータ管理と、Googleスプレッドシートを利用したデータ分析の両方を同時に享受することが可能になります。

書き出し先のGoogleスプレッドシートはファイル自体もURLで指定することができ、シートも指定することが可能です。


本ツールはGoogleスプレッドシートに自動化スクリプトである「Google Apps Script(GAS)」が実装されたツールです。

そのため、GoogleスプレッドシートやNotionがご利用できる環境であれば、ツールのご利用ができます。

本ツールは基本的に「入力」と「クリック操作」でご利用いただけるので、簡単なPC操作ができる方であれば、どなたでもご利用いただけます。


※詳しい仕様は、ツールマニュアルをご覧ください。

Notionデータベース×スプレッドシート連携ツールご利用マニュアル

本ツールはこんな方にオススメ!

  • Notionのデータベース情報をGoogleスプレッドシートに書き出したい方

  • データ管理の効率化を図りたい方

  • Slackのエクスポート機能に不便さを感じている方

本ツールの特徴

①特定のNotionのDBの情報をスプレッドシートに連携して書き出し

・特定のNotionのデータベースに格納されている情報を、Googleスプレッドシートに出力することができるツールです。

・エクスポートするNotionのデータベースは任意のデータベースを指定することが可能です。

エクスポートするNotionのデータベースは任意のデータベースを指定することが可能です。

②出力先のスプレッドシートのファイル、シートも指定可能

・Notionのデータベース情報を出力する先となるスプレッドシートはURLで指定することができます。

・また、スプレッドシート内のシートも指定することが可能です。

出力先のスプレッドシートのファイル、シートも指定可能

③画像付き設定マニュアルがあるので、初心者でも安心!

・本ツールは情報取得にNotionAPIを利用しております。

・初心者の方でも簡単にAPIの設定や本ツールの利用のための設定ができるよう、画像付きの丁寧なマニュアルを用意しておりますので、ご安心ください。

画像付き設定マニュアルがあるので、初心者でも安心!

本ツールの使い方イメージ

①Notion APIの情報を「設定」シートに貼り付け

まずはNotion APIの設定を行います。

Notion APIのトークンを取得し、本ツールの「設定シート」の「Notionインテグレーショントークン」の欄に貼り付けます。

NotionのAPIトークンの取得方法や設定方法は本ツールのマニュアルにて丁寧に解説しておりますので、ご安心ください。

Notion APIの情報を「設定」シートに貼り付け

②出力先のGoogleスプレッドシートの各種設定

次に、Notionのデータベースの情報を出力するGoogleスプレッドシートの設定をします。

本ツールの「設定」シートにて、出力先のスプレッドシートの「URL」と「シート名」の2点を設定します。

出力先のGoogleスプレッドシートの各種設定

③「エクスポート」メニューを実行

最後に、「設定」シートで指定されたNotionのデータベースの情報を取得し、指定したGoogleスプレッドシートへのデータの出力を行います。

本ツール独自でご用意している「メニュー」より「エクスポート」を実行します。

メニュー実行後、指定したGoogleスプレッドシートの指定したシートに、取得されたNotionのデータベースの情報が出力されます。

「エクスポート」メニューを実行

本ツールの価格

本ツールの注意事項

  • 本ツールの利用には、Googleアカウント、Notionアカウントが必要になります。

  • 本ツールはNotion APIを使用して操作しております。場合によっては、一時的に情報の操作に失敗するケースもございます。予めご了承ください。

  • Notion APIを設定・利用するためには、ご自身がワークスペースのオーナー権限をお持ちであることが必要となります。

  • 本ツールを利用することで発生した問題の責任は負いかねます。事前に使い方をテスト、理解した上で、ご利用ください。

  • ツールおよびプログラムの著作はGASラボにあります。無断での転載・再販・配布・共有やソースコードのコピーは固く禁止しております。

  • 本ツールは処理時間に上限があります(約6分)。エクスポートするデータが多い場合は、処理を完了できない可能性もあります。予めご了承ください。

  • 本ツールは初回利用時に「認証・許可プロセス」が発生します。認証・許可を下記の記事を参考に進めて下さい。

よくあるご質問

  • ツールの使い方のサポートを受けることができますか?

    GASラボでは、有料ツールご購入者様限定で「無料使い方サポートサービス」を提供しておりますので、ご安心ください。

    購入後にご覧いただけるページ内に、お問い合わせフォームのご案内がございますので、そちらよりお問い合わせください。

Notionデータベース×スプレッドシート連携ツールのご購入はこちらから

Notion関連おすすめツール

GASラボではNotion関連の自動化ツールを多数ご用意しております。

GASラボのメールマガジン

GASラボの無料ツール情報や新着ツール情報を受け取りたい方は、メールマガジンにご登録ください

ありがとうございます